ガルメロ☆カーニバル カード紹介【1周年特別編】

SNSでみんなに教えちゃおう!

ご挨拶

ガルカニプレイヤーの皆様、お久しぶりです。ガルカニコラム著者のかに箱と申します。

毎週投稿「ガルメロ☆カーニバル カード紹介」をご愛読いただきありがとうございます。

今回はガルメロ☆カーニバル1周年特別編として、カードではなく、デッキについての紹介をします。

ぜひ読んでいってください。

1.デッキの組み方

デッキを組む時に考えるべきことは、

・どのカード/組み合わせを主軸に組むか

・そのカード/組み合わせを使うための準備としてどのカードを入れるべきか

・余った枠に何を入れるか

・手札事故を起こさないように汎用性の高いカードを何枚入れるか

などなど、様々です。

イベントや相手によっては、対策デッキを考えたり、対策カードを入れる、ということもできます。

軸にするカード/組み合わせを何にするかによって大きくデッキの構成が変わります。

第2項からはデッキの例をいくつか紹介します。

2.デッキ構成一例

耐久デッキ

一番組みやすいデッキの一つ。いわゆる「コントロールデッキ」。

とにかく耐えて耐えて最後にフィニッシャーで勝負を決める。

持久力が高くないと☆20に到達する前にHPが無くなってしまうので、そのためにガードバフを使ったり、ガードの高いカードを使うのがオススメ。

☆20までに相手のHPを少し削っておくと最後が楽になるので、ガードだけを重視するのも考えものです。

オススメカード:『???:エリンギくん』

回復デッキ

ライフを回復するカードを多く入れて、フィニッシャーを使うデッキです。

フィニッシャーは「☆20以上」などの条件を持つカードだけではなく、「+ライフを回復した回数」などのスキルを持つカードも使えます。

[直接ダメージ]スキルを持つカードに対して強い上に、耐久デッキより耐久戦がしやすいので初心者おすすめデッキの一つです。

デッキ合計回復力が10以上あるととてもやりやすいです。

オススメカード:『スリープタイム:清水葵』『イルミネーションの夜に:橘麗奈』

直接デッキ

[直接ダメージ]スキルを持つカードを複数使って構成されるデッキ。

相手のガードに関わらず、確実にダメージを与えることが出来るので、耐久デッキに強いです。

[ミュート]スキル持ちのカードを使われるとダメージが通らない上に、[直接ダメージ]スキルを持つカードは元々のステータスが低いことが多いので、接戦が発生することも多いです。

ちなみに回復デッキにはとても弱いので、相手によっては歯が全く立たないこともあります。

オススメカード:『カフェ巡り:三葉由希』『ハジマリのキオク:月宮蛍』

終わりに

デッキの組み方や例を紹介しましたが、いちばん大事なのは「自分だけのデッキを作ること」です。あなたなりの強さを追い求めて、より良いデッキを作っていく努力を怠らず、これからのライブバトルやイベントに挑んでいってもらえれば幸いです。

今回もご完読いただき、ありがとうございました。